知能検査の結果

今日も病院。
高次脳機能障害の診察です。

先月受けた知能検査の結果も
教えてもらえることになっています。

3ヶ月前、初めて診察を受けた時は
診察室に入ることすら拒んで
診察のあいだじゅう、騒いでいましたが

今日はおとなしく診察室に入り
椅子を回しながら
「くるくる遊び」と言っています。

医師も
「最初のころに比べたらずいぶんよくなった。
落ち着いたね。
これからもどんどんよくなっていきます」とのこと。

そして知能検査の結果は

正確には知能検査ではなく
新版K式発達検査というのですが

姿勢運動、認知適応、言語社会と
それぞれ発達年齢が出ました。

それによると
姿勢・運動は2歳4ヶ月

積み木を積んだり、はめ板を同じ形にはめる
認知・適応は1歳1ヶ月

指さしへの反応や禁止命令の理解などをみる
言語・社会も1歳1ヶ月

全領域では1歳2ヶ月だそうです。

この結果を受けて医師は
「お母さん、もう一度育て直しだと思って
小さい子に接するようにしてあげて」

抱っこして甘えさせるとか
身体をさすってやるとか

1歳児のつもりで扱ってやることだと言うのです。

そして支援学級への通学をすすめてきました。

支援学級に通うためには、それまで通っていた
普通学級から学籍を移さねばならず
そうなると中学・高校もコースが定められてしまうのではないか

そう思い
「学籍を移してしまうと、進学の道がなくなってしまうんじゃないかと
心配なんですが…」
とたずねると

「いま1歳の子にいきなり普通学級に行けといっても無理でしょ。
普通学級だとほっておかれるんだから、支援学校なり
支援学級なりで特別支援を受けながらでないと
学校生活は無理です。
それにこの病気は日々改善します。
かならずよくなっていくから、半年後には2歳、3歳と
確実に回復します。
そしたらまた中学で新しい進路をさがせばいい」

たしかに今の状態で元のクラスには戻れないし
かといってよくなるまでこのまま家でというわけにも
いかないし…

まあ家にいてもいいけれど、子供との交流はさせてやりたい。
そのほうがマヒロも楽しいだろうし…

いずれにしても、まだ体力も完全に戻っていないし
環境が変わると疲れやすくもなるようなので

とりあえずは週に1度、1時間からはじめて
様子を見ながら徐々に時間を増やしていっては
ということでした。

明日、今日の検査結果を持って
学校へ相談に行くことになっているので
そのまま伝えようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました