片腕天才ゴルファー・TommyMorrissey少年は3歳の頃から片腕ゴルファー「onearmgolfer」とも呼ばれメディアで注目されています

片腕天才ゴルファー・TommyMorrissey少年は3歳の頃から片腕ゴルファー「onearmgolfer」とも呼ばれメディアで注目されています

片腕天才ゴルファー・TommyMorrissey少年は3歳の頃から片腕ゴルファー「onearmgolfer」とも呼ばれメディアで注目されています。

TommyMorrissey少年の動画を、昨今注目を集めている動画(bouncy/バウンシー)が投稿していました。動画は、TommyMorrissey少年が、ゴルファーとして、障害者として、3つの道を切り開いた様子が描かれていました。

生後14ヶ月の頃からゴルフに興味

bouncyとは、“新しい概念のプロダクト”を旗印に、最先端のテクノロジーや人を動画で紹介しているサイトです。

今回は、そのうちの「人」です。

新しい技術や製品の紹介動画を、よく視聴しているのですが、きょうは、『子供たちに希望の光を与える片腕天才ゴルファー』というタイトルで、TommyMorrissey少年の動画がFacebookのタイムラインに流れてきました。


生まれつき右腕がないTommyMorrissey少年は、わずか生後14ヶ月の頃からゴルフに興味を持ち始めました。

3歳の頃から、片腕のゴルファー「onearmgolfer」とも呼ばれ、メディアで注目されるところとなりましたが、左だけで100ヤード近く飛ばすことができ、現在(8歳)フロリダでは2位、世界ジュニアゴルフ選手権では7位につけているそうです。


みなさんは、この動画で何を感じられましたか。

動画で感じた3つのポイント

私が動画で感じたことは、次の3点です。

“ゴルフは右ききでも左手で打つのが理想”を体現

ゴルフスイングは、よく、右利きの人は“右手を使わない”意識が正しいといわれます。

飛距離は左手が司り、右手は方向性を安定させるために使うのが理想のスイングだからです。

生まれつき右腕がないTommyMorrissey少年が飛距離を伸ばすことは、それを体現したものであり、またフォームが理想のフォームになっていることの証左です。

障害者でも競技者として実績を残しつつある

身体的ハンデがありながら、その身体能力が必要な競技者として実績を積み重ねています。

とりわけ同じ障害がある人にとっての夢や希望となるとおもいます。

他の障害者に物心両面で貢献している

TommyMorrissey少年は、義肢が必要な子供達のためにチャリティー活動も行い、ホンダクラシックケアは、約165万円の資金を援助。

援助したのはホンダクラシックケアですが、要するにTommyMorrissey少年が、ゴルフの腕前でそのお金を動かしたわけです。

資金で送られたバギーに乗っている、重症の障害者に涙しているTommyMorrissey少年のラストが良かったですね。

ここには、精神面だけでなく、物質的にも障害者が障害者を支援する構造があります。

同じ障害者だからこそ必要なものがわかる、ということでしょうか。

物質的な支援はやはりありがたい

翻って、日本では、金銭的欲求をまるで汚いもののようにとらえ、「報酬よりやり甲斐」などと綺麗事を唱える向きがあり、それがブラック企業を喜ばせている現状があります。

お金と精神は、別個のもの、相反するものとあたまから決めつけるのもどうなんだろうか、と私は思うことがあります。

お金さえあれば、重度の障害者にバギーを寄付できるのです。

お金さえあれば、現実のものとして近づきつつある再生医療も、お金のことを気にせず前向きに検討できます。

ですから、気持ちも大切ですが、物質的な支援はやはりありがたいのではないかと思います。

その意味で、お金のある人は、手元不如意の私なんぞよりも、期待と信頼を得る立場にいるのは当然だと思います。

もちろん、福祉行政は社会として考えていかなければならないことではありますが、だからといって個人的な寄付や慈善事業をためらうこともありません。

日本でも、企業や社会的に成功した人による物質的支援もより積極的にお願いしたいですね。

以上、片腕天才ゴルファー・TommyMorrissey少年は3歳の頃から片腕ゴルファー「onearmgolfer」とも呼ばれメディアで注目されています、でした。

障害者差別を問いなおす (ちくま新書) - 荒井裕樹
障害者差別を問いなおす (ちくま新書) – 荒井裕樹

検証 障碍者福祉60年と介護保険20年 [ 関  健 ] - 楽天ブックス
検証 障碍者福祉60年と介護保険20年 [ 関  健 ] – 楽天ブックス

コメント

タイトルとURLをコピーしました